[PR]記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります

中山道69次33番贄川宿 太い見どころは間の宿の木曾平沢

宿場

このページで紹介する宿場は中山道69次の33番贄川宿。

江戸方(東京)から京方(京都)へ向かって残っている史跡を紹介しています。

ガイドブックのようにどなたでもご活用いただけるよう中山道専門サイトとなっています。

「贄川宿 怖い」というキーワードでこちらの記事がときどき見られることがあるようですが、怖いと言われているのは人形が多数置いてある埼玉県秩父市にある贄川宿のことのようで、こちらの中山道69次33番の贄川宿は特に怖いことはないと思います。

中山道69次の33番贄川宿情報

基本情報

引用元:Amazon.co.jp: 中山道69次を歩く 究極の歩き方120(改訂版) : 岸本 豊(中山道69次資料館長): 本

本陣位置

跡地に碑のみ

高札場位置

不明

無料駐車場位置

本陣跡碑のところの空き地に短時間であれば駐車できるかもしれないが実際は不明。

中山道69次33番贄川宿

また木曽平沢地区には公営駐車場がある。すぐ近くにはこれといった駐車場がなさそうで、土日祝日なら銀行の駐車場に極超短時間なら停めておくという法令遵守の観点からNGな行為はおすすめしない。

各史跡について

取材日

  1. 2021年6月5日奈良井宿のみ目指して日帰りで行った帰りに少し寄ってみた。関所が目立つのでそこから数百メートルしか探索せず大して史跡は残っていないものと勘違いしていたがどうして。平沢という別村が重要伝統的建造物群保存地区で見損なっていた。
  2. 2022年7月23日 贄川宿からさらに京都方向へ上ること数キロにある木曽平沢に行った。位置としては奈良井宿のほうが近い。すばらしいところ。
  3. 2022年8月12日から2泊3日の車中泊めぐりで2022年8月14日行った。
  4. 2023年5月13日嫁氏と妻籠宿松代屋宿泊の途中で食堂SSと贄川のトチに寄った

写真とコメント

贄川関所

実際の関所より位置を変えて復元されている。復元された関所内部も有料だが見学できる。

中山道69次33番贄川宿

贄川宿本陣跡

中山道69次33番贄川宿

深澤家(加納屋)住宅(国重文)

2023年に持ち主の深澤辰夫さんから塩尻市に寄付された。当時の町家建築がわかる貴重な資産なので今後は市が維持管理していくことになる。

規模が大きく状態が良いため市の文化財課は「内部公開できるようにしたい」ということなので期待したい。

参考記事
贄川の重文・深澤家住宅 塩尻市所有へ 現所有者が寄付 | 教育・子育て | 株式会社市民タイムス

贄川宿深澤家住宅 贄川宿深澤家住宅 贄川宿深澤家住宅 贄川宿深澤家住宅
母屋は二重の出梁造りで、二棟の土蔵は1つの共通の屋根に収まっているそうだ。

贄川のトチ(県天然)

▼ガードレールの切れ目あたりから見上げたところ。正面の木がそれ。

贄川のトチ

▼あまり近くまで寄るのは怖いほど荘厳な雰囲気がある。

贄川のトチ

1人だとこれ以上近づけない。

贄川のトチ
樹齢千年。長野県最大。入り口がわかりにくいのでゆっくり走行して目を凝らしているとガードレールの切れ目があるのでそこから車で入って2~3台の駐車スペースがある。

2023年5月13日嫁氏とドライブしたとき。1人じゃなければ近くに寄れる。やはり近寄りがたい威厳を感じる。まさに御神木。

贄川のトチ

桝形

▼これが枡形ということはここの角から左は旧中山道ではないということ。

贄川宿西の枡形

▼少し入っていくと水神という石碑があった。贄川宿西の枡形

木曾平沢

実は奈良井宿より数キロ手前(熊谷から見て)に重要伝統的建造物群保存地区があったと後から知ったが2022年7月23日初めて訪れることができた。

贄川宿と奈良井宿との間(あい)の宿であるが町全体が漆器の町というコンセプトで異次元の世界のようでもある。

すばらしいところ。昼近かったが奈良井宿の混雑と違い通りにはまったくといってよいほど人影がなく独占状態で楽しめた。Google Mapで投稿写真を見るとそこそこ賑わっているものもあるんだけど。

▼電車で行くなら木曽平沢駅が最寄り。降りてすぐ坂を下れば別世界が待っている。

贄川宿木曽平沢

▼駅前には公衆電話ボックス。いまどきスーパーマンでも使わなさそうだがノスタルジックなので撤去しないでほしい。

贄川宿木曽平沢

▼電話ボックスの脇の階段を降りると公衆トイレと休憩スポットがある。この写真は降りてから振り返って撮影したので奥の高台に駅がある。贄川宿木曽平沢

▼木曽平沢の街並み。動画を撮ったので写真はほとんど撮らなかったが実に落ち着いた雰囲気でよいところだ。贄川宿木曽平沢

▼観光地化していないようであるがいっときは観光客が殺到している写真もネットでみたことがある。並ぶ家々は漆器店やら漆工房ばかりで昔ならいざしらず今ってどうやって生計立ててるのか興味がある。

もしかして輸出してるとか?ちょっと話しかけられそうな人がいなかったのでわからないがいずれ再訪して聞いてみたい。贄川宿木曽平沢

ちなみにゴーストタウンではなさそうでところどころ自家用車は停まっているし並びに銀行もあった。

麻衣廼神社(あさぎぬのじんじゃ)

Google Mapsの案内通りに行ったら入り口に到達できなかった。近くまで行ったのに残念。まあいいや。

木曽の枕詞「麻衣」の名を持つ神社。漆器の里ならではの朱漆塗り。4本の御柱が諏訪大社と違い1列に並んでいるらしい。

個人的に未踏破な史跡

  • できれば麻衣神社
  • (押米)押込一里塚跡

マイマップ

地図のダウンロード方法はパソコンで地図部分右上の[ ]みたいなのをクリック→地図を別画面で表示→左サイドバー上にある点(・)3つをクリック→地図をコピーまたはKMLをダウンロードでできます。

地図をコピーを選ぶと自分のGoogle Driveに地図がコピーできると思います。KMLでダウンロードをしたあとはそれをCSVに変換する方法は検索して調べてください。


参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
4784071741
中山道69次を歩く 究極の歩き方120(改訂版)

¥1,483 (中古品)(2024/01/05 13:59時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.1
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

4784072837
中山道浪漫の旅 東編

¥4,390 (コレクター商品)(2024/01/05 14:00時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.6
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す
4784072942
中山道浪漫の旅 西編

¥1,760 (中古品)(2024/01/05 14:01時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.4

>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

上記の著者 岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事も別ブログで書いているのでご興味があればどうぞ。

奈良井宿7.4km←|→7.7km本山宿

コメント

タイトルとURLをコピーしました